社会のニーズに合わせる

良い看護師ということは、具体的には、どのような看護師のことを指し示すのかという議論が大きく巻き起こっています。昨今においては、高齢化社会というかつてないほどの事態に見舞われる中での必死の勤務が続いているといわれているようです。そのことから、看護師は連日のように緊張感にさいなまれているといいます。高校や大学などを卒業後にすぐに看護師になり、医療の道に入ったという人も多いです。その後、結婚や妊娠・出産といった女性ならではのイベントを経験する人は多いでしょう。そのため、一旦離職や休職を余儀なくされ、現場を離れる人も多いのが実態です。昨今では、医師や看護師・薬剤師などの医療従事者の人手不足が深刻化してきています。このままの状況が続けば、医療現場が混乱してしまうという危機感をつのらせているのです。以前のように、若手職員が豊富に人材として確保できるなどといったことはあり得ないこととしての認識を持つようになっています。この背景には、現代の若者の就業への考え方の変化にあるといわれており、給料が少なくても休日が多い仕事に就きたいといった考えがあるといわれているようです。そんな中において、妊娠や出産・育児などにより一旦医療現場を離れた人に、再度現場に復帰してもらうという動きが活発化してきています。復帰の際には、夜間勤務の回避や臨機応変な勤務時間体制などの柔軟性を持った対応が必要不可欠になるといえるでしょう。良い看護師とは、社会のニーズに合わせることができる人といえるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です